不動産売却に欠かせないこと|依頼先選びで結果が異なる

自宅売却は業者へ依頼を

電卓を持つ人

依頼した場合の一連の流れ

住宅ローンが払えなくなった時は、競売か任意売却かの2つの方法があります。このうち競売は、市場価格よりも安く売却される、関係者が立ち入ることがあり、さらに転居費用が出ないといったことがありますので、任意売却の方をお勧めします。これですと市場価格とほぼ同じ値段で売れ、関係者立ち入りもなく、転居費用も少しは出ます。住宅ローンの返済ができなくなったその時点で、できるだけ早く業者に相談するのがいいでしょう。業者といっても様々ですが、任意売却に強い不動産関係の会社がおすすめです。相談の後に、媒介契約が行われます。これは債権者との交渉に必要な契約で、利害関係者の確認、そして不動産評価などが行われます。契約成立後に販売活動が行われ、購入者の募集に入ります。その一方で、金融機関などの債権者や、利害関係にある会社との交渉、それによる合意が業者により行われます。販売活動によって購入者が決まると、いよいよ売買契約となります。契約後一定期間を経た後で、転居をし、その後に一括して決済が行われます。この時にローンの返済をはじめとする返済や精算が行われ、任意売却が終了して、新生活が始まることになります。専門業者に依頼した場合は、これらはすべて無料です。それから相談、あるいは依頼や売買契約など、任意売却の流れの中で、必要書類がありますのでその点に気をつけておきましょう。まず相談時には、ローン返済予定表や購入時の契約書、あるいは物件資料などが必要になりますし、その後も実印や工程資産税の納付書、本人確認の資料を持参することになります。こういう書類も、できればあらかじめ揃えておくといいでしょう。