不動産売却に欠かせないこと|依頼先選びで結果が異なる

自宅のローンが払えない時

男女

お勧めは専門業者への依頼

自宅を購入して住宅ローンを組んだけれど、その住宅ローンが払えなくなってしまった時には、任意売却をするといいでしょう。一方で住宅ローンが払えない時には、競売という方法もあります。しかしこの競売と、任意売却とでは売却額ややり方に大きな差があります。競売にかけられると、市場価格よりも安く売却され、転居の費用も出ず、関係者が立ち入りするため、競売がわかってしまうこともあります。一方任意売却は、市場価格と同じ位の金額で売却できますし、転居費用も出ます。また競売のように、関係者が立ち入りすることはありません。また場合によっては、売却した家に住み続けることもできます。ですから、住宅ローンが払えなくなった時点で、競売にかけられる前に、任意売却の手を打つようにしましょう。しかし任意売却は初めてのことで、業者の選び方がよくわからないということも往々にしてあります。そのような場合は、任意売却に強い不動産会社を探し、そこに相談するといいでしょう。債権者側が紹介する業者を選ぶのも一つの方法ですが、やはり自分で探すのがベストです。もし自己破産を考えている時は弁護士に依頼しましょう。また、転居費用をあまり高く見積もる業者や、契約時でお金を渡すことを謳う業者は避けるようにしましょう。こういう業者は、非正規であることも考えられます。正規業者は国土交通省のサイトでチェックできますので、必ず事前に正規がどうかを調べるようにするといいでしょう。